Text Size : A A A

●[展示会] 「わたしの作陶のたのしみ」2016.04

2016年4月に多摩市立関戸公民館ギャラリーでおこなわれた「逸陶会 陶芸作品展示会2016」内で展示した「わたしの作陶のたのしみ ~日々の作陶でかんじるたのしみ~」を再編集しました。
-----------------------------------------------------------------------------------

1.機能をもつ陶器をつくるたのしみ

土と水をこねて形をつくり熱を加えると、日々の生活で使える陶器になる… さらに自分の目指すところに迫っていく… これがもっともシンプルな作陶のたのしみです。
わたしが目指しているのは、「道具(機能)と作品(佇まいの美しさ)」を伴う「子供の頃からずっと使ってきたように生活に馴染み、ときには初めて会ったような表情を見せる」雰囲気のある器です。
Img_8acaedc27dd75dd5cefbe1ec9c88c42e
1-a. コーヒーカップ
Img_4a2fe69af65632b091dca8c7fbe01725
1-b.マグカップ
Img_08ae640460a8f916c01d41870e563410
1-c.平皿
2.手遊びのたのしみ

「こんなのおもしろいかも!?」とおもいつきで作り始め、アイデアをダイレクトに形にすることがあります。おもいつきの粘土遊びなので失敗も少なくないですが、そこから新たな発想がうまれたり、新しいやり方・工夫を見つけたりと、とても得るものが多いです。
Img_615570833df4381fc07fbfeda4014f51
2-a.干支の申の香炉。 「しゃべれば口から煙がのぼり、 手をかざせど先は見えない」という駄洒落
Img_6958f54c79a7d2725f5df8ed0fba8059
2-b.お隣さんの猫を思い浮かべて
Img_2efa85e7193bbaa69dd966dfee042b8e
2-c.盆栽「岸壁の椿」、鹿の添配
3.「うつし」のたのしみ

わたしの考える「うつし」とは、オリジナルを再現したり贋作をつくることではなく、作者の意図や背景に思いを馳せ、今、わたしが作るならどう作るかを体現することです。
出来たものを見ながらその「うつし」がどうだったか? を考えると更にオリジナルへの理解が深まる気がします。
まだまだ未熟な試みですが…
Img_88eb8a9c82793b51cdb1521a5310bf1a
お手本
Img_5cf194ec564907a4240a5783170052bf
Img_1b6e508de22aafdd46dc166952cd7d28
4.コントロールと偶然のたのしみ

陶器の出来上がりには幾つもの要素が影響しています。土、釉薬、熱、道具、身体、天候…それらをコントロールすることで狙い通りの陶器を作ろうとしますが、偶然の介入で要素が変化することで思ってもない出来あがりになることも少なくありません。
しかし、コントロールされたもの、偶然にできたもの、どちらにも魅力が備わるのが面白いところです。
より自分の意図を反映した陶器を作ろうと釉薬や土をブレンドして実験していますが、そこにも当初想定していたものを凌ぐ偶然の良さが現れることがあり、今度はその再現に実験を費やすことも多々あります。
Img_2ec537715356d16a6038555601d13541
4-a.水色が中心部分にでた鉢
Img_0f67c6f31962ddad4d0a6d0f7cd39306
4-b.釉薬実験サンプルの一部
Img_c623a87bf5f424594d07d4c655919410
5.陶器がもつ魅力

陶器は水分、温度、細かいキズなどで変化していきます。つかうにしたがって色みが変化していき、貫入(釉薬の細かいヒビ)があれば色が差し、全体的に渋み・深みが増していきます。
これを汚れとして廃棄しせず、「器のあじ」「器が育った」としておおらかに受け容れ、愛でる文化が日本にはあり、陶器にはこのおおらかな心を人に宿す「寛容の美」(造語)があるように思います。