Text Size : A A A

●[陶器の知識] 陶器の取り扱いについて

Img_bc4d70fc14cc36f5a5ef6aed34ffa47c
・はじめに目止めを行っていただくと汚れや臭いがつくのを軽減できます
 目止めは、器が浸る鍋で米のとぎ汁を煮立て、弱火で20分ほど器を煮てください。
 充分に冷めた後、水またはぬるま湯で洗い、乾燥させてください。

・食べ物を入れて長時間放置せず、使い終わったら洗い、乾燥させてください。
洗ってすぐに食器棚にいれるのではなく、よく乾いた状態でしまうのがポイントです。

・ジメジメと湿度の高いところに放置しないでください(カビの原因になります)

・電子レンジの通常使いは問題ありませんが、長時間の使用はお控えください。
 ヒビがある場合や、金彩/銀彩/上絵の器には使わないでください

・直火にはかけないでください

・食器洗浄機は、洗浄中に器がぶつかり破損しないようにセットしてください

・陶器は水分、温度、細かいキズなどで変化していきます。「器のあじ」として楽しんで ください。どうしても気になる場合は台所用漂白剤を説明書き通りに使用してください。

・異常を感じた場合は使用をやめて下さい。事故や怪我のもとになります。

・以上の注意事項は器の破損について保証するものではありません